むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
石川県金沢市窪4丁目525番地

診療案内

Home > 診療案内

診療案内

内視鏡内科・消化器内科

内視鏡内科・消化器内科

 内視鏡内科・消化器内科が対象とする疾患には食道疾患、胃疾患、小腸疾患、大腸疾患、肝臓疾患、胆道・胆嚢疾患、膵臓疾患、脾臓疾患などがあります。

 食道癌、逆流性食道炎、食道潰瘍、食道裂孔ヘルニア、胃・食道静脈瘤、胃食道逆流症、胃癌、胃の良性腫瘍、消化管間葉系腫瘍(GIST)、胃・十二指腸潰瘍、急性胃腸炎、慢性胃炎、機能性胃腸症(ディスペプシア)、胃アニサキス症、消化管出血、肝癌、肝の良性腫瘍、転移性肝腫瘍、ウィルス性肝炎(急性・慢性)、肝硬変、肝障害(薬物性、アルコール性)、脂肪肝、胆道癌、胆道の良性腫瘍、胆石、胆嚢炎、胆管炎、膵癌、膵良性腫瘍、急性・慢性膵炎、脾腫、脾機能亢進症、結腸癌、直腸癌、結腸・直腸および肛門の良性腫瘍、クローン病、潰瘍性大腸炎、腸管感染症(ノロウイルス・病原性大腸菌など)、腹壁瘢痕ヘルニア、鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、急性腹症、腸閉塞症、大腸憩室炎、過敏性腸症候群、急性虫垂炎、便秘、下痢、痔核、裂肛、痔ろう、腹膜炎、腹水、腹痛、食欲不振、などほぼ全ての消化器疾患に対応します。

 症状としては、腹痛、胃痛、嘔吐、吐き気、胃もたれ、食欲不振、体重減少、吐血、胸焼け、呑酸、のどの違和感、下痢、軟便、泥状便、粘液便、しぶり腹、腹部膨満感、血便、粘液便、便秘、残便感、便柱狭小化(便が細い)などです。

 また、検診の便潜血検査や胃バリウム検査で異常があった方、ご家族に癌の方がおられる方などを、消化器病・消化器外科専門医の立場から総合的に診察します。

 また、消化器内視鏡専門医としての経験から、出来るだけ多くの方に内視鏡検査を受けて頂けるよう安全で苦痛のない内視鏡検査を実践しております。口や肛門から内視鏡を入れ、食道・胃・小腸・大腸などの消化管を観察し治療を行う内視鏡検査は、日本が世界で最もリードしている分野です。

 当院ではオリンパスの最新鋭内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE)を導入し、楽チンと評判の経鼻内視鏡も、先端が最大径5.0mmでNBIを搭載した最新式経鼻内視鏡を使用しています。以前から経鼻内視鏡は経口内視鏡と比べ画質が劣るといわれていましたが、最新鋭機器は光量と操作性が改善され、これまでの経口ハイビジョンカメラ並みの画質で検査が可能です。人間ドックや検診などのスクリーニング検査による食道・胃・十二指腸疾患の早期発見や、胃癌の発生と密接な関係のあるヘリコバクター・ピロリ感染症の診断ならびに除菌治療を行います。積極的に胃癌の予防と早期発見・治療を行い、日本では依然として死亡数の多い胃癌撲滅を目指しています。

 一方、大腸内視鏡検査は、最新鋭内視鏡システム機器、内視鏡挿入形状観測装置(コロナビ)、炭酸ガス送気装置などを導入し、安心して安全かつ安楽に内視鏡検査を受けていただけるシステムを構築しました。内視鏡検査時にポリープが発見されれば、NBIを用いて即座に良性か悪性かの判断をし、ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術(EMR)を行います。迅速で的確な診断を心がけ、大腸癌の早期発見と予防・治療を行います。

 癌の早期発見の重要性は十分に理解できても、「胃カメラや大腸の内視鏡検査は辛そうだ」と思っておられる方も多いと思います。「胃カメラでひどい思いをした」「大腸カメラは痛くてもうこりごりだ」など実際に苦しかった内視鏡検査をこれまでに経験された方もいらっしゃると思います。当院の内視鏡室では、医師・看護師が一丸となって、皆様に苦痛なく安全に、正確な内視鏡検査・治療を受けていただくため、日々努力しています。 内視鏡に関することは、当院のスタッフまで何でもお気軽にご相談ください。

内視鏡検査の受け方
内視鏡検査とは
経口内視鏡検査の受け方
経鼻内視鏡検査の受け方
大腸内視鏡検査の受け方
大腸内視鏡治療
大腸ポリープまたは早期大腸癌の内視鏡治療
ポリペクトミーと内視鏡的粘膜切除術(EMR)
内視鏡治療の合併症

内科

内科

 日常よく見られる病気(感冒・胃腸炎・気管支炎・肺炎・咽頭喉頭炎・インフルエンザ・貧血・動悸・膀胱炎・腎盂腎炎・蜂窩織炎)は勿論のこと、高血圧症、高脂血症、メタボリック症候群、肥満、糖尿病、高尿酸血症(痛風)、動脈硬化、骨粗鬆症などの生活習慣病が対象となります。また、頭痛、肝機能障害、脂肪肝、急性・慢性肝炎、ウイルス性肝炎(A,B,C型肝炎ウイルス、サイトメガロウイルス、EBウィルスなど)、胆嚢ポリープ、胆石症、胆嚢炎、胆嚢腺筋症、急性・慢性膵炎、不整脈、心筋梗塞、狭心症、心房細動、急性・慢性腎炎、帯状疱疹・うつ状態、不眠症、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、甲状腺癌、乳腺症、乳癌、女性化乳房、肺結核、肺癌、会社の検診や人間ドックで異常を指摘された時、禁煙希望など幅広い疾患を総合的に診察します。

 症状としては、発熱、咳、咽頭痛、めまい、不眠、頭痛、腰痛、頻尿、体重増加、体重減少、口渇感、食欲不振、むくみ、振戦(ふるえ)、腹痛、胃痛、下痢、便秘、吐き気、黄疸、貧血、慢性疲労(だるさ)、胸部痛、動悸(どうき)、息切れ、呼吸困難、全身倦怠感(疲れやすい)、背中の痛み、不眠、肩こり、集中力の低下、尿たんぱく、血尿、頻尿などです。

 「生活習慣病」は、食習慣、運動習慣、喫煙や飲酒等の生活習慣はもちろん、加齢や遺伝的な体質も発症と進行に関与します。

 当院では病気の発見とともに予防にも力を入れており、人間ドック、健康管理全般の相談、各種健康診断、インフルエンザや肺炎球菌ワクチン予防接種など各種予防接種も行っています。

循環器内科

 循環器内科が対象とする疾患には、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈、弁膜疾患、心筋症、心筋炎、先天性心疾患、大動脈・肺動脈疾患、末梢動脈疾患(慢性動脈閉塞症、閉塞性動脈硬化症、閉塞性血栓血管炎)、高血圧症、不整脈、血栓塞栓、そして種々の原因による心不全などがあります。近年、生活習慣病が原因となる循環器病が増加しており、生活習慣病の治療はもちろん予防にも努めています。心臓病を発症するリスクが高い生活習慣病の多くは、自覚症状がありません。不意に心臓病の発作を起こし、最悪の場合は命を落とす怖れもあります。病気が進行する前に発見し、治療することが大切です。

 当院では、心電図や胸部レントゲン検査以外に、心臓や頸動脈のエコー検査、動脈硬化度を測る検査、血液検査などを実施します。より詳しい情報が得られる数々の検査で心臓や血管の状態を的確に総合的に判断し、病気の早期発見を目指すとともに迅速な治療方針の決定を心がけています。虚血性心疾患に対する薬剤溶出ステント留置や、薬剤での治療が難しい頻拍性不整脈に対するカテーテルアブレーション、冠動脈パイパス術、心臓弁膜手術、大動脈に対する手術などが必要な場合には、金沢大学附属病院循環器内科と連携し高度な先進治療を行います。

糖尿病・代謝内科

 糖尿病・代謝・内分泌疾患は全身疾患であり、様々な合併症を引き起こすことが特徴です。対象となるのは、1)糖尿病などの糖代謝異常、高脂血症などの脂質代謝異常、痛風・高尿酸血症などの核酸代謝異常といった代謝異常を主病態とする疾患、2)甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、甲状腺腫瘍など)、下垂体、副腎疾患(アジソン病、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、クッシング症候群、副腎腫瘍など)、副甲状腺疾患(副甲状腺機能亢進症、高カルシウム血症、骨粗鬆症など)などの内分泌臓器の異常を主病態とする疾患、3) 近年注目されているメタボリック・シンドロームや肥満症など、複合的な代謝・内分泌異常を伴った疾患、などです。

 糖尿病診療においては、合併症を起こさせない、進行させないをモットーに、早期の治療開始と、きめの細かい血糖コントロールを心がけています。また、糖尿病はなるべく入院せずに治療することを目標にしており、外来で医師や、看護師による具体的な栄養指導を行っています。なお、希望される方には、金沢大学附属病院をはじめとする連携病院で、入院による糖尿病教育も随時受け付けています。

 副腎は、コルチゾール、アルドステロン、アンドロゲンを産生する副腎皮質と、カテコールアミンを産生する髄質からなる臓器です。これらのホルモンが過剰になると、高血圧、糖尿病など様々な症候、合併症をきたします。副腎にできた腫瘍がホルモンを過剰に産生することが多く、コルチゾール過剰を来すクッシング症候群、アルドステロン過剰を来す原発性アルドステロン症、カテコールアミン過剰を来す褐色細胞腫などがあります。

 これらの疾患に対しては、金沢大学循環器内科・内分泌代謝内科・リウマチ膠原病内科と連携し最先端の治療を行っています。

外科・大腸・肛門外科

外科・大腸・肛門外科

 急性腹症、腸閉塞症、大腸憩室炎、急性虫垂炎、腹膜炎、腹壁瘢痕ヘルニア、鼠径ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニアなどを診察します。また、甲状腺や乳房のしこり、表在リンパ節の腫れ、粉瘤(アテローム)、脂肪腫、ガングリオン、おでき、胼胝(たこ)、鶏眼(うおのめ)、虫刺され、蜂窩織炎、毛包炎(毛のう炎)、熱傷(やけど)、切創、挫傷(すり傷)、疣贅(いぼ)、ひょう疽、陥入爪(巻き爪)などを診察します。

日帰り外科手術

乳房のしこり、表在リンパ節の腫れ、粉瘤(アテローマ)、脂肪腫、ガングリオン、おでき、胼胝(たこ)、鶏眼(うおのめ)、疣贅(いぼ)、ひょう疽は必要に応じて日帰り手術を行います。

大腸・肛門外科

便秘、下痢、血便、腹痛、肛門痛、排便困難、便漏れ、痔核、脱肛、直腸脱などでお困りの患者さんを、専門医の立場から診察します。必要に応じて内視鏡検査、CT、MRI検査などを行います。

主な疾患

大腸肛門疾患は多種多様です。代表的な大腸疾患は大腸がんです。食生活の欧米化に伴い、わが国では近年大腸がんの発生が増加傾向にあります。とくに男性より女性に増えてきたのが最近の特徴です。頻度の多い肛門疾患には痔核(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)、痔ろう(あな痔)があります。

大腸がん

大腸がんの治療の原則は病変部の切除です。切除の方法には内視鏡で切除する方法と、手術で切除する方法があります。早期がんの一部は内視鏡で切除することが可能ですが、進行がんでは手術が必要です。

肛門疾患

  1. 痔核

    症状は出血と肛門外への脱出です。小さい痔核は当院で治療を行います。大きい痔核は手術が必要です。

  2. 裂肛

    症状は排便時の痛みと出血です。急性期の裂肛は排便習慣の改善と座薬で治療を行います。慢性期の裂肛は肛門が狭くなることがあり、手術が必要です。

  3. 痔ろう

    症状は肛門周囲における膿汁の排出です。痔ろうは薬では治りませんので手術が必要です。

    手術はその内容によって、当院で日帰り手術を行うか、関連病院で行うかを専門医の立場から的確に判断します。

痔の治療について