むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
金沢市窪4丁目525番地

メディア掲載

Home > メディア掲載 > おなかの現代病

おなかの現代病

「水泳の進級テストやピアノのレッスン前になると時々お腹が痛くなって下痢するげん。」息子はなにやら不安げな様子。しかし、どこにも問題は見当たりません。おそらく「過敏性腸症候群」でしょう。
大腸に炎症、ポリープやがんなど病気がないのに、腸の機能に異常が起こる状態をいいます。

腹痛や腹部不快感、お腹が張るなどに加え、下痢・便秘、その両方を交互に繰り返したりする症状が特徴的です。排便によって症状が軽くなることも他の病気との違いです。多くの場合ストレスが原因といわれる現代病ですが、詳しいことは分かっていません。
子供から高齢者まで幅広い年齢層でこの症状はみられ、日本人の5~10人に1人が悩んでいるといわれています。(そうそう、ある国の元首相もこの症状で一時入院しました)。

 バランスのとれた食事と規則正しい生活に気をつけ、睡眠不足・過労・ストレスは極力避け、適度な運動で気分転換をはかります。効果的なお薬もありますので、ご安心を。
← メディア掲載一覧ページへ