むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
金沢市窪4丁目525番地

院内設備

Home > 院内設備 > 経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡
 胃がんの早期発見・早期治療には胃内視鏡、いわゆる胃カメラによる定期的な胃の検診を受けることが重要なことは皆さんご存知かと思います。しかし、内視鏡が口から挿入されることに抵抗感を持つ人もいらっしゃいます。経口内視鏡は、舌のつけ根にスコープが触れて強い吐き気をもたらすことが多く、そのため「つらい検査」の代表とも考えられてきました。
 一方、経鼻内視鏡はスコープが舌のつけ根に触れずに胃に達するために、検査の苦痛が極めて少なくなります。当院では、少ない負担で内視鏡検査を受けられるように、鼻からも口からも挿入できる極細内視鏡を導入しました。極細内視鏡の外径は約5mmであり、鉛筆よりも細い内視鏡なので、患者さんの状態にあわせてどちらからでもスムーズな挿入ができます。
 経鼻内視鏡検査には、「苦痛が少ない」「吐き気が少ない」「検査中も会話できる」などのメリットがあります。しかし、経鼻内視鏡は他の内視鏡と比較すると画質がやや劣り、行える処置も限られ、患者さんによっては、鼻からの挿入が難しい場合もあります。