むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
金沢市窪4丁目525番地

院内設備

Home > 院内設備 > 硬度可変式スコープと内視鏡挿入形状観測装置

硬度可変式スコープと内視鏡挿入形状観測装置

 大腸内視鏡検査においては、内視鏡の硬さを手元で調節できる可変機能のついたスコープを導入したほか、磁気を利用して内視鏡の挿入状態を確認しながら検査を行える内視鏡挿入形状観測装置を導入しました。硬度可変式スコープを使用することで、腸管の湾曲や形状に合わせて、硬さを調節しながら、大腸の深部まで短時間で観察することが可能になりました。
 また、内視鏡挿入形状観測装置は、内視鏡の位置検出にテレビよりも微弱な磁界を利用し、リアルタイムで3次元的に挿入形状を表示します。このため、今までのように術者や患者さんのX線の被曝が無くなるばかりでなく、安全で苦痛が少ない検査を迅速に行うことが可能となりました。

硬度可変式スコープ 内視鏡挿入形状観測装置