むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
金沢市窪4丁目525番地

院内設備

Home > 院内設備 > 最新式ハイビジョン内視鏡(EVIS LUCERA ELITE)

最新式ハイビジョン内視鏡(EVIS LUCERA ELITE)

最新式ハイビジョン内視鏡(EVIS LUCERA ELITE) イメージ

 当院は特殊光観察技術を搭載した最新式ハイビジョン内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE)を導入し、消化管内視鏡検査・消化器がん検診を行っています。
狭帯域光観察 NBI (Narrow Band Imaging)

 「ハイビジョン技術」が内視鏡観察に導入されて以来、飛躍的に鮮明な画像が得られるようになりました。最近では、従来の白色光では観察できなかった小さな「がん」をより観察しやすくするため、「特殊光」が開発されました。その中でNBIは、粘膜内の血管をより鮮明にするものです。

 「がん」の増殖には、血管からの栄養補給を必要とするため、病変の近くの粘膜には、多くの血管が集まりやすくなると考えられています。そこで、粘膜内の血管などをより鮮明に観察しやすくするために、血液中のヘモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らし、画面に表示するのがNBIです。NBIでは、毛細血管の集まりやそのパターンなどが鮮明に表示され、通常光による観察では見えにくかった「がん」などの早期病変の観察において有用性が期待されています。

 また、これまでは、血管や粘膜の詳細な観察のために色素による染色を行っていましたが、NBIでは色素染色に似た強調画像を得ることが簡単にできます。NBIは光学的な画像強調技術であるため、色素散布の手間も要りません。ボタンひとつで、いつでもNBIに切替えられ、高いコントラストの画像を得ることができます。

 NBIが特に威力を発揮するのは、早期食道がんです。胃液の逆流で生じ、がんになりやすいとされるパレット食道がんの発見にも有用です。胃がんでは、がんの浸潤範囲や組織型を見分けることができます。大腸では平担型病変などの前がん病変の発見や悪性度診断が瞬時にできます。このNBIを利用すれば、咽頭がんや喉頭がんなどの耳鼻科領域のがんまで早期発見が可能です。

 当院の内視鏡システムは従来のものと比較しNBIの観察深度が大幅に向上しており、精細で明るい高画像が得られます。

早期胃癌の範囲診断の精度向上

⇒ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)普及に伴い、浸潤範囲を正確に決める重要性が高まる

通常観察像
通常観察像
NBI観察像
NBI観察像

※血管の走行状態の変化を観察

早期胃癌における分化型腺癌と未分化型腺癌の鑑別

⇒癌の組織型をNBIで即座に鑑別し、治療方針を正確に決定する

分化型早期胃癌
NBI観察像
分化型早期胃癌
(fine network pattern)
未分化型早期胃癌
NBI観察像
未分化型早期胃癌
(corkscrew pattern)

大腸病変の視認性向上

⇒腫瘍性病変は毛細血管が豊富になるため光が吸収され茶色調として表示される
通常観察では発見困難な平坦型、2mm程度の病変発見に効果を発揮する

通常観察像
通常観察像
NBI観察像
NBI観察像

色素内視鏡の代用

⇒大腸ピットパターン診断では、主にインディゴカルミン、ピオクタニンを使用するが、NBIではスイッチひとつで類似の画像が得られる

通常色素撒布像
通常色素撒布像
NBI観察像
NBI観察像

NBIではピット自体を観察しているのではなく、毛細血管により形成された構造を見ている

イメージ画像

コントラスト法とNBIでは観察しているピットパターン像が反転する

腫瘍・非腫瘍の鑑別診断の新たな展開

⇒ピットパターン診断に加えNBIによる毛細血管の観察により、腫瘍・非腫瘍性病変の鑑別が容易になります

イメージ画像

非腫瘍性病変では一般的に血管の変化が起こらない

イメージ画像

腫瘍性病変では通常より拡張した網目状血管が観察される

蛍光観察AFI(Auto Fluorescence Imaging)

 AFIとは通常光では見分けることが難しい粘膜面の微細な違いを、2色の光を照射することで可視化し、観察可能にする機能です。
特殊な青い光を粘膜に照射し、粘膜下層から反射した自家蛍光を観察する技術です。従来の内視鏡では発見・診断が難しい早期の腫瘍性病変を、蛍光の強度や色調の違いとして表示しますので、がんの発見がしやすくなります。AFIを使用すると、病変部では特殊光の反射具合が異なるため、小さな病変でも浮かび上がって見えてきます。

イメージ画像 イメージ画像