むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
石川県金沢市窪4丁目525番地

検査について

Home > 検査について > 大腸内視鏡検査の受け方

大腸内視鏡検査の受け方

  1. 検査の受け方1

    検査の前日は消化の悪いもの(繊維が多い、種が多いなど)は控えてください。
    ご希望により検査食を購入していただきます。
    前日の夕食は午後9時頃までにとり、その後は絶食です。水やお茶、スポーツ飲料はとっても構いません。

  2. 検査の受け方2

    検査前日の寝る前に、お渡しした下剤を飲んでいただきます。
    当日は、約2リットル程度の大腸の洗浄水を飲みお腹の中を空にします。お好みに応じて錠剤型の洗腸剤も用意します。
    常用薬に関しては、事前に医師にご相談ください。

  3. 検査の受け方3

    便がきれいになったら、内視鏡室に移動して検査着に着替えます。

  4. 検査の受け方4

    検査室のベッドに横になり、ご希望に応じて体の緊張をとる鎮静剤の注射や点滴をします。

  5. 検査の受け方5

    検査中はリラックスしてベッドに横向きになってください。

  6. 検査の受け方6

    大腸をよく観察するために横向きから仰向きになっていただく場合もあります。
    医師の指示に従ってください。

  7. 検査の受け方7

    検査が終わった後は、鎮静剤の影響で眠気やふらつきなどが現れる場合があります。
    回復室で30分程度お休みいただきます。

  8. 検査の受け方8

    検査当日のお車の運転はできるだけ控えてください。
    検査でポリープを切除した場合、出血予防のため検査後1週間は、激しい運動、旅行、出張などはお控えください。