むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
石川県金沢市窪4丁目525番地

検査について

Home > 検査について > 経口内視鏡検査の受け方

経口内視鏡検査の受け方

  1. 受け方1

    検査日前日の夕食はいつもより少なめに、夜9時頃までにとってください。当日の朝は、何も食べないようにします。水、お茶は可能です。常用薬に関しては、事前に医師にご相談ください。

  2. 受け方2

    来院されたら、まず簡単な問診、医師の診察があります。検査室に移動して、体をしめつけるものはできるだけはずしリラックスします。
    上着は脱ぎ、メガネや入歯をはずし、ベルトはゆるめます。

  3. 受け方3

    その後、胃の中をきれいにする消泡剤(やや苦目の白い液体)を飲みます。

  4. 受け方4

    内視鏡(スコープ)を挿入しやすくするために、咽喉の奥を麻酔します。
    当院オリジナル凍結シャーベットで咽喉の麻酔をします。

  5. 受け方5

    検査室のベッドに横になり、ご希望に応じて、体の緊張をとる鎮静剤の注射や点滴をします。

  6. 受け方6

    内視鏡(スコープ)はムリに飲み込もうとせず、医師の指示に従って軽い気持ちで飲み込みます。
    咽喉を通ったら、ゆっくり静かに「腹式呼吸」をすると検査は楽に受けられます。
    全身の力を抜いてゆったりした気持ちで受けましょう。検査は数分で終わります。

  7. 受け方7

    検査が終わった後は、鎮静剤の影響で、眠気やふらつきなどが現れる場合があります。
    回復室で30分から1時間程度お休みいただきます。

  8. 受け方8

    検査が終わっても、咽喉の麻酔は30分くらい残っています。すぐにうがいなどはしないでください。自動車の運転はしばらく見合わせてください。