むねとおなか伊藤醫院内視鏡内科 消化器内科 内科
循環器内科 糖尿病・代謝内科
外科 大腸・肛門外科

お問い合わせ

076-243-2300

アクセス

〒921-8151
金沢市窪4丁目525番地

検査について

Home > 検査について > 内視鏡検査の受け方

内視鏡検査の受け方

上部消化管内視鏡検査

上部消化管内視鏡検査とは

上部消化管とは食道・胃・十二指腸を指し、口または鼻から内視鏡を挿入し、これらの部位を一連の検査で観察します。昔から「胃カメラ」と言われてきたものです。 経口内視鏡(口から入れる内視鏡)、経鼻内視鏡(鼻から入れる内視鏡)に分かれます。

経口内視鏡
経口内視鏡①経口内視鏡②
経鼻内視鏡
経鼻内視鏡①経鼻内視鏡②

一般に腹痛、貧血などの原因を調べるため、食道・胃・十二指腸に発生した潰瘍、炎症、腫瘍、ポリープなどを診断するために行います。その際組織検査(顕微鏡で細胞を確認する)のため病変の一部を摘み取ってくることがあります(生検といいます)。
最近細径内視鏡を用いた経鼻内視鏡検査(鼻から入れる内視鏡)が普及しています。検査中の嘔吐反射が少なく、楽な検査でありますが、経口内視鏡に比べ、画像が劣るなどの問題点もあります。

上部消化管内視鏡検査の受け方

事前検査

検査を安全に行うために、全身状態の把握や感染症の有無について、血液検査、尿検査、心電図検査などを行う場合があります。

前処置
  1. 検査前日の夕食は、午後9時までに軽くとります。それ以降の食事は控えてください。水、お茶、スポーツ飲料などの水分摂取は構いません。
  2. 検査当日の食事(牛乳、ジュースなども)は控えてください。水、お茶、スポーツ飲料のみは結構です(常用薬に関しては、事前に医師とご相談ください)。
  3. 当日の服装は身体を締め付けるものは避けてください(和服、腹巻、ボディスーツ、ガードル、コルセットなど)。
  4. 脳血管障害、心疾患の治療や予防のため、血液をさらさらにする薬(抗血栓薬など)を服用の場合は、あらかじめ検査前に休薬していただくことがあります。事前に医師とご相談ください。
検査当日の手順
検査後の行動、注意事項
  1. 検査当日は使用した薬の影響で、眠気やふらつきがでることがありますので、検査後の車の運転はできるだけお控えください。
  2. 飲水、食事などは通常、検査終了後1時間後より、経鼻内視鏡では30分から1時間後より摂取可能です。
  3. 組織やポリープをとった方は、刺激のある食事、飲酒、コーヒーなどは2-3日なるべく避けてください。
  4. 色素内視鏡検査(インジゴカルミンなど)を受けた方は、便が青くなることがありますが心配要りません。
  5. 内視鏡検査当日に診察室で画像を見ながら結果をお伝えします。生検をした場合、最終病理検査結果は後日となりますので、次回外来診察日を確認してください。
  6. もし、吐き気、腹痛、タール便(黒い便)が生じた場合には、当院に至急連絡してください。

下部消化管内視鏡検査と治療

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査では、大腸(結腸と直腸)と小腸の一部を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、これらの部位に発生したポリープや癌、炎症などを診断します。組織の一部をとって調べたり(生検)、病変を内視鏡的に切除(ポリペクトミーや内視鏡的粘膜切除術など)することもできます。
当院では、ご希望に応じて上部消化管内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同じ日にすることができます。

大腸内視鏡検査の受け方

事前検査

検査を安全に行うために、全身状態を調べたり感染症の有無を知るために、血液検査やその他の検査を行う場合があります。

検査の前処置

大腸の内視鏡検査を行うには、大腸の中を空にしなければなりません。検査の予約の際に渡される説明書に従って準備してください。
下剤を自宅で服用していただく場合と、検査日に来院してから服用していただく場合があります。
検査前日の夕食は、軽くする場合や、ご購入いただいた検査食(クリアスルー)を食べていただく場合があります。
眠前にお渡した下剤を内服します。
当日の朝食は絶食です。
例1.モビプレップ法(洗腸剤約2Lを検査当日服用)
例2.ビジクリア法(錠剤型洗腸剤約50錠を2Lの水またはお茶で検査当日服用)
ただし、排便状態が十分ではないときには下剤の服用を追加したり、浣腸を追加することがあります。

検査当日の手順
大腸内視鏡検査の受け方
検査後の行動、注意事項
  1. おなかが張る場合もありますので、ガスがたまればどんどん出してください。時間を追って楽になります。
  2. 最初、水を少しのみ、気分が悪くならなければ食事をしても結構です。
  3. 組織やポリープをとった場合は、医師の指示により一定期間消化の良い食事をしてください。刺激物、脂っこいもの、アルコール類は避けてください。
  4. 検査後、便に少量の血が混じることがありますが心配いりません。しかし、出血量が多くなかなか止まらない場合や、痛みが続く場合には当院へ至急連絡してください。
  5. 検査当日の激しい運動はおやめください。また、お風呂も長風呂を避け、シャワー程度が無難です。
  6. 内視鏡検査当日に診察室で画像を見ながら結果をお伝えします。生検をした場合、最終病理検査結果は後日となりますので、次回外来診察日を確認してください。
  7. 検査当日の車などの運転はできるだけ控えてください。

大腸ポリープまたは早期大腸癌の内視鏡治療

良性のポリープや、早期癌の中でも粘膜だけにとどまっているもの、粘膜下層へわずかに広がっているものが内視鏡治療の適応となります。

方法はホットバイオプシー、ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)にわけられ、病変の大きさや形によって方法を選択します。 ホットバイオプシーは、小さなポリープに対して、鉗子でつかみながら高周波電流を用いて病変の根もとを焼き切ります。ポリペクトミーは、茎のあるポリープに対して、輪の形のスネアを茎の部分でしめ、高周波電流を用いて切断します。EMRは病変の根もとに生理食塩水などを局注して病変を浮きあがらせてから、スネアでしめつけ、通電して切除します。

ポリペクトミーと内視鏡的粘膜切除術(EMR)について

病変に「茎やくびれ」があるかないかで治療の方法が異なります

 ポリペクトミーとEMRは、ともに内視鏡の先端に取りつけたスネアと呼ばれる金属製の輪を病変に引っかけて締めつけ、そこに高周波電流を流して切除する治療法です。
 ポリペクトミーは、きのこのように根元に茎やくびれのある病変に対し、茎やくびれの部分にスネアを引っかけて切除する方法です。
 一方、EMRは、病変が平らな表面型などのがんや腺腫(せんしゅ)を切除するときに行われる方法です。病変直下の粘膜下層に生理食塩水などの液体を注入して、病変を浮かび上がらせてから、ポリペクトミーの要領でスネアを引っかけて絞り、高周波電流を流して病変を切除します。病変を浮き上がらせるので、ポリペクトミーでは治療ができないような平らな病変でも切除できます。

茎やくびれのあるポリープの切除に有効なポリペクトミー
ポリペクトミー

内視鏡先端に装着したスネアを茎のあるポリープの根元に引っかけて一気に焼き切ります

  1. ポリープの茎(くびれ)の部分にスネアを引っかけます
  2. スネアを引き絞り、高周波電流を流します
  3. ポリープの根元から焼き切るように切除します
病変部を盛り上げて切除するEMR
EMR

茎のない平らな病変は粘膜下層に生理食塩水などを注入して盛り上げてからスネアで切除します

  1. 病変の粘膜下層に生理食塩水などを注入して病変部分を盛り上げます
  2. 盛り上がった部分にスネアを押しつけるように引っかけます
  3. スネアを引き絞って高周波電流を流し、一気に焼き切ります
対象はがん化する可能性のある腺腫や転移のない早期がんです

 現在、ポリペクトミーとEMRの対象となるのは、直径が5mm以上の腺腫と、リンパ節転移がないと考えられる2cm未満の早期がんです。腺腫については、一般に、5mm以下の小さな病変は良性の腺腫のままでいることが多いのでそのままにし、定期的に検査をして状態を観察する方法がとられます(患者さんの希望によっては、内視鏡検査時に取ってしまうこともあります)。
 早期がんについては、内視鏡治療によって安全に一括で取りきれるかどうか、リンパ節に転移があるかないかが大切な目安となります。

内視鏡治療の合併症

内視鏡治療は、通常は痛みもなく、合併症が起こることはまれですが、合併症として、出血と穿孔(大腸に穴が開く)があります。切除した病変は顕微鏡で十分に調べますが、その結果によっては、さらに外科治療が必要となる場合があります。

上部消化管内視鏡検査の合併症

まれに、消化管出血、穿孔などの偶発症が生じた場合、入院や緊急の処置・手術が必要となることがあります。出血、穿孔などの発生頻度は全国集計で0.012%でした。

大腸内視鏡検査の偶発症

組織検査のため一部をとって調べたり、ポリープの切除などの治療を行うことがありますが、ごくまれに出血や穿孔などの偶発症を起こすことがあります。万が一偶発症が起きた場合、入院や緊急の処置・手術が必要になることがあります。なお、大腸内視鏡検査および治療に伴う偶発症発生頻度は全国集計(1998年から2002年の5年間)で0.069%(1449人に1名の割合)でした。